コーポレート

2014年入社 深城 周亮 Hiroaki Fukaki

コーポレートリレーショングループ 総務ディビジョン ゼネラルマネージャ 前職業界:官公庁

現在の仕事内容

アドウェイズグループの総務全般及びマネジメント業務を担当しております。具体的には、株主総会運営、各種社内規定の作成・改定、文書・固定資産管理、オフィス備品の購入、労務管理などに加え、他の部署に属さない多種多様な業務も担当しております。業務の領域が広いため、臨機応変な対応が求められる上、他部署とのコミュニケーションを円滑にすること、社内外における情報収集を積極的に行うことなども重要な仕事です。

前職の仕事内容

総務省に設置された年金記録確認第三者委員会の専門調査員をしていました。年金記録が国側(厚生労働省)に無く、領収書等の物的証拠は無いが保険料を納付したとする申立事例について、記録の異議を申し立てた方の申立内容を充分に汲み取り、様々な関連資料を調査・検討する業務でした。年金記録の信頼回復の一端を担う仕事でもありましたので、申立人の立場になり、妥協しない調査を心がけていました。

入社動機

きっかけは、以前、アドウェイズに在籍していた方の紹介でした。「この会社は楽しくて、退屈しないよ。」と聞いて、すぐに面接を受け入社しました。管理部門ではありますが、紹介してくれた方の言うとおり、入社してから退屈したことがないくらい様々な経験をしています。

将来のビジョン

総務ディビジョンのビジョンである「スペシャリスト兼ゼネラリスト」を総務メンバー全員が実現できると嬉しいです。そのために、マネージャとしては、仕事を通じて、どこに行っても通用するスキル、そして人生においてもより良くなるための知識や経験を個々に身につけてもらうことを意識し、その機会をどれだけ与えられるのかを自身の課題としています。

アドウェイズを漢字一文字で表すと

アドウェイズは、成長できる、仕事の成果を実感する、成りたいものを目指せる会社だと感じています。自身に確固たる信念があれば、機会を無限に与えてくれるからです。会社で過ごす時間は、人生の大半を占めるため、せっかく働くのであれば、その時間を人生の目標に照らし合わせて有意義なものにしていきたいですね。

入社して「」と感じたこと

「意思決定が早く、風通しのよい職場」だということです。何らかの提案をしたい場合、一般的な会社であれば、まず直属の上長に相談することが多いのではないかと思います。これまで一つずつ段階を経ていくことが当然の事だと思っていましたが、代表の岡村から「アドウェイズはそうじゃないから。直接言ってくれていい」と言われ、驚いたと同時に仕事に対するモチベーションが上がりました。上長に対する相談や報告はもちろん行いますが、この出来事がアドウェイズが急成長している要因の一つだと感じところだと思います。